映画ピンチランナー


「大切な友達がいますか」

「忘れられない思い出がありますか」

「真剣って笑っちゃいますか」

「思いっきり泣いたのはいつですか」

「夢中になれることがありますか」

「自分を応援してくれる人がいますか」

「本気ってカッコワルイですか」

ポスターの中にあったあの言葉がさとても心に響いた。 安倍なつみ


あの名場面、名セリフをもう一度

■父親から虐待を受け、部活のバレーボールでは球拾いをし続ける毎日・・・、真穂は、そんな生活に嫌気がさし、一人でも一生懸命走り続けているあゆみに近づく

真穂:「ねぇ、走るのって楽しい?」
あゆみ:「私は楽しいけれど。」
真穂:「私もいっしょに走っていい」
あゆみ:「かまわないけれど、いいの」
真穂:「いいの、どうせ私がいなくても誰も気にしないんだから。さあ、行こう」

※技術がなくても明日を目指し黙々と球拾いをする真穂に対して、集団で同調し合い、見下してくる部員に愛想を尽かし、一人でも頑張って走り続けているあゆみの行動に心を打たれ陸上部に入部する事を決意する。一生懸命でひたむきな努力は誰でも心を打たれる。


■自分ののバレーボールの才能に自惚れていた結果、誰からも相手にされなくなった麗子。そんな彼女が自殺をはかったという知らせを受け、皆が心配して保健室に集まる。

道子:「信じられない。何でそんな事が出来るの?命が惜しくないの・・・ねえ、答えなさいよ!」
道子:「生きたくたって生きられない人間だっているんだよ。いったい自分がいつまで生きていられるんだろうって、毎日ビクビクしながら生きている人間だっているのよ・・・」
道子:「私がそうなのよ。私の心臓、いつ壊れるかわからないの。治療する方法だってないのよ。」

〜中略〜

知子:「いままでずっと誰にも言わなかったの」
道子:「何でも無いふりをして、普通のふりして、がんばって、がんばって・・・」
あゆみ:「がんばらなくたっていんだよ。」
道子:「がんばらなくっていい?」
あゆみ:「つらい時はつらいって言っていいんだよ!」
さなえ:「そうだよ先輩。つらいって、泣いちゃっていいんだよ。」
知子:「話聞いてあげるから。私たちそれくらいしか出来ないから。」
真穂:「ずっとそばにいて話を聞いてあげる。」
道子:「つらい・・・ずっと一人でつらかった・・・」

※若い時は、ほんのささいな出来事でさえも途方もなく落ち込んだりする。しかし世の中を見れば明日死ぬかもしれないと毎日を過ごしている人がいるのも事実。生きていればこそしか出来ない事はたくさんある。また、ほんのささいな悩みを聞いてくれる家族や友人などの仲間がいる事はいつになっても幸せな事。


■駅伝が始まるが何か落ち着かないあゆみ、走る直前となり、過去にバトンの受け渡しに失敗した事を思い出し、走ることに弱気になるあゆみを郁恵が励ます。

あゆみ:「わたし、わたし、中学の時、リレーでバトン落として、皆に迷惑かけた。また、そうなる。みんなにまた迷惑かけるよ。」
郁恵「バカモン!たすきだろうがバトンだろうが落としたのは拾えばいいの。結果なんて、どうでもいいんだよ!」
郁恵「今だよ、今。自分を信じて走らないでどうするの。」
郁恵「私は、あんたを信じたい。だから、走れ!」

※人一倍責任感の強いあゆみにとって、過去の失敗がトラウマとなり自らに重く圧し掛かる。しかし、マラソンで失敗したから、結果が悪かったからといっても誰かに殺されるわけではない。
人生において失敗してもまた取り返せば良い。失敗したその時は、なかなかそんな事など考えられないが、全体で考えてみれば意外と大した事ではない場合が多い。迷った時は自分を信じて前に突き進む事を考えれば良い。


モーニング娘。から勇気をもらおう(もうひとりのピンチランナーより)

■どうしたら夢に向かって走りつづけられるの?
矢口
先のことはあまり考えない事
市井
その日一日をまず大事にしてとりあえず生きていこう
矢口
自分のやりたい事をやっている時が、一番いい顔をしているし一番幸せな時間だから、やりたい事を続けたほうがいいと思う。
■やりがいとは?
安倍
やっていたら周りのスタッフとかメンバーとかにパワーをもらう事が多くて、自分が疲れて、「あぁーもうだめだぁ」って思った時も、頑張っているスタッフとかメンバーを見ると「私も頑張らないと」って思う。
■どうしたら決断する勇気が持てるの?
飯田
モーニング娘。になるチャンスって、絶対一生に一度しかないって思ったし、これを逃したら絶対に後悔すると思ったから、夢だからあきらめたくなかったから決めた。あまり深く考えないで、これだって。
どっかにひかれるものがあるんだ。だから自分を信じて、自分を信じて信じて決めたことが自分の生きる道だと思う。
■走り続けられる勇気について
中澤
人になんと言われようが、自分が死ぬ時にやっとけば良かったと思う人生だけは、送りたくなかった。
あきらめたら夢はそこで終わりだし、夢をかなえるために何かをしようと思ったらすごく怖いと思うし、自分の今まで送ってきた人生を捨てないといけない時もある。
その引き換えに自分の新しい人生を得る事もできるんだけど、わざわざ自分でつらいほうに歩いているのかもしれないけれど、それでもいいのなら、それを覚悟で夢をかなえる。夢をかなえるとはそういう事なんです。


映画ピンチランナーDATA

2000年2月18日 クランクイン
2000年4月16日 ひたちなか全国少女駅伝参加
2000年5月20日 全国東映系劇場にて上映開始
2000年6月21日 ビンチランナーメイキングビデオ「モーニング娘。inピンチランナー」発売
2000年5月19日 公式ファンブック「モーニング娘。を追いかけろ!」発売
2000年7月5日 オリジナル・サウンドトラック発売
2000年11月21日 DVD・ビデオ発売

ひたちなか全国少女駅伝
日時:4月16日(日)雨天決行
開場:9時〜 開会式:10:00〜 スタート:11:00〜 閉会式:13:30〜
場所:ひたちなか市総合運動公園陸上競技場

オリジナル・サウンドトラック収録曲
●オープニングテーマ●さなえのテーマ●知子のテーマ●真穂のテーマ●道子のテーマ●麗子のテーマ●あゆみのテーマ●朝比奈学園陸上部のテーマ●失意●疾走●ゴール●新・ラーメン大好き小池さんの歌(シャ乱Q)●DANCEするのだ!(MASTER OF FUNK Flavor Remix)(モーニング娘。)●おもいで(BEAT WAVE SPIRAL MIX)(モーニング娘。)●ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜(スターダストレビューwith翔子)

ひたちなか全国少女駅伝結果
区間タイムと順位
区間名前距離タイム順位
1区後藤真希(長谷川さなえ)4.8075キロ28分17秒43位
2区市井沙耶香(林原真穂)3.660キロ20分28秒39位
3区飯田圭織(仙頭麗子)4.100キロ23分31秒34位
4区矢口真里(神崎知子)3.300キロ17分52秒24位
5区安倍なつみ(峰岸あゆみ)5.230キロ29分55秒41位
総合朝比奈学園陸上部21.0975キロ2時間3秒38位

 

今まで以上にメンバーが好きになって良かった。青春だなって思いました。(安倍なつみ)
練習の時と違って坂が多くて思うように走れなかったけれど、精一杯力を出し切った。思い出を作ることができました。(飯田圭織)
メンバーが一生懸命に、すごい顔して走っているのをみて、かっこいいなあと思った。(中澤裕子)