市井紗耶香卒業コメント


マスコミ宛に送られたFAX

私、市井紗耶香は、5月21日(日)の日本武道館での「モーニング娘。コンサートツアー春ダンシングラブサイト」の終了をもって、モーニング娘。・プッチモニのメンバーから卒業する事になりました。

モーニング娘。のメンバーになった頃は、毎日が新しいことの連続で、忙しい中にも充実した日々を過ごしていました。しかし、モーニング娘。の活動も3年目を迎え、私の中で歌手という仕事の内容に欲が出てきました。
デビューしてから今まで、唄を歌う事メインに一生懸命頑張ってきましたが、つんくさんをはじめとするレコーディングスタッフの姿を見ているうちに、私も唄っているだけでなく、自分で音楽制作(作詞、作曲を含むシンガーソングライター)をしてみたいと思うようになりました。もちろん最初はいつかできれば…くらいの憧れだったのですが、昨年の秋頃から、真剣に勉強してみたいと思うようになりました。

1ヶ月くらい前に私の気持ちを社長に相談しました。その時は「市井の希望は分かった。でもその前に、きちんと御両親にも相談をして、そして御両親も市井の決心に納得したら話を具体的に進めよう。ただ、抜けるタイミングはそんなに急ぐ事ないよ。ゆっくりと考えたらいいよ」とアドバイスを頂きました。でも、私自身こんな気持ちを持ったまま仕事を続けられるくらい器用な人間でもないですし、 4月28日にはモーニング娘。としての新しいCMの撮影のお仕事も入っていましたし、そして何よりモーニング娘。のメンバーに迷惑をかけるのがイヤだったので、最終的に事務所、両親と話し合いをもって4月16日に結論を出しました。

モーニング娘。のメンバーも、突然の事で驚いてはいましたが、私の決心を理解し応援してくれています。卒業後しばらくは、ゆっくりと体を休めたいと思います。その間にどのように音楽の勉強をして行くか決めたいと思っていますが、今の所は2、3年かけて勉強をして機会があったら再び皆さんの前に今度はソロアーティストとしてお会いできればと思っています。

ファンの皆さんと一緒にいられる時間は後わずかとなってしまいましたが、最後の武道館のコンサートまで精一杯頑張りますので応援して下さい。

平成12年4月27日(木)
市井 紗耶香


プッチモニダイバー5月1日放送

私、市井紗耶香は、5月21日の日本武道館を最後に「モーニング娘。」「プッチモニ」のメンバーを卒業致します。

これは、去年の秋頃から自分のお仕事をやっていて、いい意味での欲が出てきました。それはプッチモニというユニットが出き、3人で活動していて自分のキャラクターが出てきたし、いろんな人に「市井沙耶香」という名前を覚えてもらって、自分の中で自信が出き欲が出てきた中で、留学して、英語の勉強をし、世界の幅を広げて行きたいと思い、最終的に考えた中での卒業です。

でも、歌手は好きだし、いつまでも歌を歌っていたいと思うし、だから、しばらくはお休みして、でもその間に、自分で作詞とかしてみたいし、絶対に大変だと思うけれど、曲作りにも、チャレンジしてみたいと思う。また、いつか絶対に留学するから、英語もマスターして、みんなにかっこよく「hello!」とか「ただいまー」と言って帰ってきたい。そして、ビックな人になっていたい。

歌手としての夢はやめないので、絶対にみんなの前に出てきます。


スーパーモーニングライダー5月4日放送

なっちの紗耶香へのメッセージ

紗耶香はね、もっと一人で、もっと先の自分自身を見て、いろんな事を勉強したという前向きな理由で卒業していったから、これからいろんな事をモーニング娘。としてやっていけると思ったのに、でも、自分のやって行きたい夢を話している紗耶香を見ていたら、「あぁー、こいつかっこいいなと思って、いいじゃんがんばって、でも負けないよって」みんなそれぞれそいういう想いを抱いて、紗耶香も卒業するまでの日々を頑張るって言っていたし、まだまだモーニング娘。も沙耶香も頑張っていくから、みんな、ずっとずっと応援よろしく。


ファンクラブ会報(2000 VOL.9)より

なっちの紗耶香へのメッセージ

Sayakaへ
さやかが卒業なんてホントにビックリだったよ。一緒にいろんな事を乗り越えてきたことやいっぱい笑ったコト・・・忘れないでよ。なっちは、一つの事に輝いてる、全力で頑張るさやかがスキです。これから、色んな事があると思うけど、お互いの夢に向かって頑張るべしっ!だね。

P.S
また今度キムチを「ちまちま」と食べながら語りたいね。(笑)
さやかの(クシャクシャ)笑顔が大好きなNACCIより