なっちのゴナゴト


注:ここに載せてある記事は「モーニング娘。のゴナゴトフォトブック」(角川書店)の一部です。詳しく見たい方は是非買って読んでください。

「何事も気持ちが大事心して」

何をするにも、思いやる心が大切だということ。挨拶ひとつにしても、心がこもっていれば伝わり方が全然違うもの。私も日々心がけています。

小さい頃から、お母さんが「思いやりの心は忘れちゃ行けないよ」って言っていて・・・。もしお芝居なら、心からなりきってないと表に出ちゃうし、モーニング娘。の歌の「ザ☆ピース!」なら、なっちは「うれしい出来事〜」の部分を歌うときは、本当にうれしい出来事を思って歌うようにしています。何をするにも心が大切。なっちも気持ちで行動できる女性になれるように心がけています。


「自然をね愛する気持ち忘れずに」

植物も生きています。草・木・花にも愛情を注いであげましょう。大切にしてあげましょう。そうしたら人にもやさしくなれるはず。

北海道で育ったせいなのかわからないですけれど、緑とか草とか自然の中にいると、心が安らぐんです。それで、植物も「愛情をもって世話すると育ち方が違う」って、これもお母さんが言っていたんです。あと、この句を書いたときには、つんくさんの「いろんな物に愛情を持ちなさい」という事を思い出しました。愛情を持つと、気持ちも変わってくるから、いい歌が歌えるようになるぞって言われたんですよ。


「神様はみんなの事を見ています」

私は神様を信じてます。どんな人(?)かはわからないけど、いつでも空のむこうから見守ってくれているはず。イヤなことがあっても、「どうせ・・・」とか「私だけ・・・」なんて思わないで、前を見て進みましょう。

小さい頃から、神様っていう存在を信じているんですよ。日常で悲しいこととか、落ち込むことがあると、「私なんて」とか「もうヤダ」とか逃げたくなるでしょ。でも、ちょっと考え方を変えれば、前向きになれます。なっちはとても弱い人間だと思うんです。だから、みんなを励ましたり出来る人になりたいと思っています。


「笑いましょう楽しい時は笑いましょう」

笑いたいときには思いきりガハハーと笑って、泣きたいときにはウェーンと思いきり泣きましょう。自分に正直に素直に生きていきましょう。

笑いたいとき、おもしろいときに、なっちの友達とかは本当に体全体で笑うんですね。そんなふうに思いっきり笑っている姿を見てると、なっちは素敵だなと思います。笑えることっていいなと思うんですよ。どうせ生きているなら、泣いてる回数より笑ってる回数が多いほうがいいじゃないですか。それに、自分に素直に生きていくと、いい人間になれると思うんですよね。